Underground Magazine Archives

雑誌周辺文化研究互助

アリス出版

GON!独占大スクープ!!『少女アリス』や『Jam』等エロ本史にさん然と輝く伝説のエロ本を産み出した、あの伝説の自販機エロ本出版社「アリス出版」は実在していた!! あの伝説のカルトエロ本『Jam』や『少女アリス』を今でもバイブルにしているエロ本編集者は多いのだ!

今、20代後半から40代までの健全な男子ならアリスのエロ自販機本で必まず一回はせんずりかましたはずだ!! 女ができるまでの聖母のようなあのアリスが実は今も相変わらずエッチな本を出版していたのだ! 今でもマニアから珠玉の名雑誌と評価の高い『少女アリス…

21世紀の音は幼稚園からやってくる。今や5才の幼稚園児(=天才少女ナオ)がアヴァンギャルド・ミュージックをやる時代だ!われわれは、どうしたらいいのだろう。(アリス出版『HEAVEN』創刊号から)

21世紀の音は幼稚園からやってくる。 今や5才の幼稚園児がアヴァンギャルド・ミュージックをやる時代だ!われわれは、どうしたらいいのだろう。 時代を先取るオカルト・ポップ 問題の生体実験レコード 天才少女ナオへの独占インタビュー ついに明るみに出る…

三流エロ雑誌の黄金時代(ガロ 1993年9月号 特集)

特集 三流エロ雑誌の黄金時代 月刊漫画ガロ 1993年9月号 鼎談/高杉弾・末井昭・南伸坊「素人はバクハツだ!!」 いきなり編集長? ガロの作家は安かった! 豪快な作家たち。 いい加減も必要ですね。 座談会・根本敬+湯浅学(幻の名盤解放同盟)× 原野国夫(元…

エルシー企画・アリス出版・群雄社「エロ本三国志」の時代

エルシー・アリス・群雄社 エロ本三国志 自動販売機本の黎明期と『JAM』の出現(1976~1978) 自動販売機本の黎明期と『JAM』の出現(2) 小向一實とアリス出版 群雄社設立とビニール本の時代(1980~1981) 群雄社メジャー路線の野望と挫折(1982~1983) …

高杉弾の昭和ポルノ史~印刷ポルノの黄金時代 自販機本から裏本まで~

以下の文章は伝説的自販機本『Jam』『HEAVEN』初代編集長の高杉弾が自販機本からビニ本、アダルトビデオまでの“ポルノ黄金期”を3時間に渡って語り下ろした講演録の抜粋です。講演の全内容は『霊的衝動 100万人のポルノ』(朝日出版社・絶版/入手困難)とし…

安田邦也インタビュー(元エルシー企画、アリス出版、群雄社編集者)

安田邦也インタビュー(元エルシー企画、アリス出版、群雄社編集者) 所収『Quick Japan』Vol.15(構成:但馬オサム) はじめに 1日1冊はザラ エルシー企画水没 アリス・エルシー合体 女子大生の編集長 デザイナーとしての出発 明石・武勇伝 群雄社への復帰 …

高杉弾インタビュー(自販機本『Jam』『HEAVEN』初代編集長)

高杉弾(自販機本『Jam』『HEAVEN』初代編集長)インタビュー 所収『Quick Japan』Vol.19(構成:竹熊健太郎) 高杉弾とは はじめに 高杉弾というペンネーム ミニコミ時代 日芸で出会った仲間 『Xマガジン』と『Jam』 山崎春美 鈴木いづみ マンガの話 明石「…

山崎春美インタビュー(『HEAVEN』三代目編集長)

山崎春美インタビュー(『HEAVEN』三代目編集長) 所収『Quick Japan』Vol.16(構成:竹熊健太郎) 山崎春美とは はじめに 地球ロマンと遊とヘヴンと 日芸とガセネタと 工作舎と寝不足と 印刷ミスとパンクと 蛭子能収と恩人と 鈴木いづみと篠崎順子と 編集長…

隅田川乱一インタビュー(『Jam』ライター&コンセプター)

隅田川乱一インタビュー(『Jam』ライター&コンセプター) 所収『Quick Japan』Vol.14(構成:但馬オサム) ゴミから生まれた雑誌 ルーツはアングラ誌 プロレスとオカルト 強烈なインド体験 山口百恵のゴミをあさる 明石さんの思い出 山崎春美との出会い 武…

近藤十四郎インタビュー(『HEAVEN』二代目編集長)

近藤十四郎インタビュー(『HEAVEN』二代目編集長) 所収『Quick Japan』Vol.13(構成:但馬オサム) 『HEAVEN』二代目編集長 怪人・荒戸源次郎 不思議の国のエルシー 幻の一千万広告 社長の逮捕 『陽炎座』伝説 編集長交代劇 27歳で社長 最後の予感 (群雄…

百恵ちゃんゴミ箱あさり事件で有名になった自動販売機ポルノ雑誌『Jam』の編集長が明かすその秘密―わしらのフリークランド

自動販売機雑誌 JAM 佐内順一郎 わしらのフリークランド 『Jam』って雑誌知ってる? 百恵ちゃんゴミあさり事件で有名になった自販機雑誌の帝王!とまではいかないけれど熱狂的なファンを持つ雑誌のニュー・ウェイヴ。その若き編集長(25)が公開する『Jam』の…