読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケラのブログ

身辺雑記

シュリ・チンモイの詩の感想

Science is

Man’s mind-experience.

Nature is

God’s Life-Proclamation.

──Sri Chinmoy

 

科学は男性の精神的な経験である。

自然は神の生活の宣言である。

 

・詩らしいところ

詩集の題にある「自然と科学」を二項化した詩が多く見られ、全体的にこの二段構造が踏襲されている。そのため全体を通して軸がぶれず一貫性を与えている。一見抽象的な概念が目立つが、多くの人に普遍性を与え納得させる内容は実に詩らしいと思う。

 

・気に入ったところ

科学を「男性の精神」と言い切ってるところ

確かに科学の現場には男性が多く女性の科学者は少ない方である。しかし、最近では人権団体やフェミニストが盛んに平等社会を訴えており、それはそれで良い事だが、こうした個人的な思想を表した作品にすらキュリー夫人の功績はどうした?」とクレームを入れる場合がある。正義の名の元に他者の考えを絶対に認めないことを最近では「人権ファシズム」「不謹慎叩き」「逆差別」と揶揄する事があるが、それらに意識を取られず、純粋な姿勢で詩を創作したであろう事に(本人の趣旨とは全然違うのであろうが)私は好感を覚えた。これは表現者が各方面に気を遣い過ぎると、結局は表現の萎縮にしか進まないと、常日頃から思っていた為である。

 

・訳で工夫したところ

「神の生活」か「神の人生」かで一瞬迷った。

そもそも神なら「人生」でなく「神生」だろうし、神は時間・空間を超越した神聖な存在なので「生活」も実はピンと来なかった。でも多くの宗教神話では神が生活らしきものを営んでいるので「生活」にした。しかし釈迦の入滅後56億年後にやってくる弥勒菩薩の事を考えると、神たちに「生活」や「人生」の概念が当てはめられるか疑問が残った。

 

Chinmoy’s nature is same as god. Many religions are also god created nature.

He says that God is include in many people. I remembered Hinduism on BongaItinyo.

I think that “nature by god” and “science by people” are connected at the root.

「差別を肯定してるわけではない」幼児特有の残酷性・ねこぢる

猫の絵柄で幼児特有の残酷性を描き人気を博した漫画家の故ねこぢるに対して「障害者差別だ許せねえ!」とムキになっておられる、ずいぶんと頭の固い良識な方がいらっしゃったが、まぁ色んな意見があるってのは良いとして、そもそも子供は酒乱のジジイや障害者(知的・身体など)を見たら「ママ~変な人がいるよ〜」って指さして普通に言っちゃうし、そもそも「ねこぢる」は差別を肯定している訳では無い

まぁ障害者の話を美化したり偽善ぶって描いてる奴の方がよっぽどヤバイと思うけどな。表面的な「善」しか疑わず、逆にモノの本質を突きすぎる存在に対しては、社会から抹殺しようとか、袋だたきにしようとか、作者の人格否定とかいう異常なヒステリーや良識ファシズムを引き起こす。こんな奴らってのは村崎百郎の言う、上っ面の正義を愛し、人を身なりや外見で判断したり、清潔で美しいものは愛するが醜いものや汚いものは思い浮かべるのも嫌いという「表層的にはとてつもなく上品な人々」が該当するんだろうな。

別に、ねこぢるは障害者の話を積極的に描いていた訳でも無いし、そういう描写を絶対に認めない奴は障害者の感動ポルノで満足しておけば?と思うよ。少なくともガロ系には全然向いてないから『ワンピース』とか、そのへんに転がってる「分かりやすい漫画」でも読んでれば良いよ、そんな奴。

街を歩けばコジキやキチガイも居るし、そうゆうのを漫画の世界に出すと差別云々と言われるのは逆差別だよね。その存在を認めてない訳だから。教育プロパカンダに洗脳されきって善と悪の単純な二項対立でしか物事を考えられない思考停止状態のバカにこそ、ねこぢるの漫画を与えるべきであると思うよ。まあ救いようが無い良識バカはまた額面通りに受け取っちゃてキーキー猿みたいに騒ぐんだろうけど。

まぁ、この話は置いといて、特殊漫画家・根本敬大先生の名著『因果鉄道の旅』の中で、大変胸がすく箇所があったので、ちょっとその部分を引用させてもらって、今日の所は〆させてもらいます。それでは、また必ず!

例えばPTAや女性人権擁護ナントカ団体のババアがAV見れば、そりゃAVってのはヒドイ物で糾弾されるべき代物だよ何しろ平口(広美)さんやアナル市原なんかが2人、3人で女の子を輪姦して、たて続けに顔面に精子かけたりするんだもん。そりゃPTAらが怒るのはもっともだ、けしからんよ、AV は

しかし、だからといってAVが間違っているって事ではない。この場合どうあれ、そういうババア達がAVを見た、という事が間違っているんだよ。

AVはひどい事をやってて、そのひどさがまた、良さでもあるんだけど、白と黒、善と悪の2元論でしか、モノを考えられない奴らには、AVは勿論(しおさいの里の)本多さんや勝新の良さは理解出来ないだろう。「美談」か「告発」か、どっちかの切り口でしか提示出来ないのがマスメディアの限界なんだろな。(文庫版 『因果鉄道の旅』344-345頁「しおさいの里」 より)

f:id:kougasetumei:20170509083430j:plain

単行本ってもう殆ど絶版なんだよね…もったいないね。。。

『日テレ版ドラえもん』についてやるべきこと

ここを見ている人は多分『日テレ版ドラえもん』の事をよ〜く知っていると思うので作品内容の紹介はしません。詳しいことはドラえもん (1973年のテレビアニメ) - Wikipedia参照してね。


まず『日テレ版ドラえもん』は様々な事情から封印状態にあるんだけど、当時の製作スタッフ、小学館関係者、テレ朝関係者の各々の証言が色々と食い違っている事から関係者の証言といえど言ってる事を、そっくりそのまま鵜呑みにして信じ込むってのも大変危険な事だと思う。

もう40年近く前の事だし検証が難しくなってるとはいえ、アニメというものは多くの人が関わって出来ているもので、外部の人間が勝手な憶測や伝聞を検証せずに並べたて「封印を正当化させる事」は製作者や視聴者に対する冒涜にしかならない

またフィルムや資料の散逸によって作品が失われるのを防ぐ為に、引き継ぎ手が不明なコンテンツの納品を義務付ける施設や、アーカイブの概念を広く普及させる必要がある。

とにかく関係者が高齢になっており、今のうちに検証しないと手遅れになる。

封印のキーマンである赤座登氏(元小学館幹部)と高橋浩氏(元テレ朝編成担当)、そして日テレ版ドラえもん制作主任である下崎闊氏の鼎談を早いうちに開くべきであろう。

4月21日 夢日記「出版界のガン・蟹江幹彦(青林堂代表取締役社長)登場!」

4月21日の夢日記を一昨日から書き起こそうと思っていたが気が進まなかった。端的に言って悪夢だから。でも書かずにはいられんので書きます。

カゴメ創業者の曾孫で青林堂代表取締役の蟹江幹彦社長が大学講義の教授としてズケズケ自分の大学にやってきた訳ですね、夢の中で。

ジャパニズム』の表紙からも分かると思うけど、蟹江幹彦社長は萌え系が好きで、うっかりスライドにエロゲーのやらしい映像を流し、受講生の大顰蹙を買う。

蟹江社長はダンマリ、周りザワザワ。僕は「ブラック!ヘイト!青林堂~!やめちまえ!」と野次を飛ばすと、同じように周囲から怒号が飛び立った。

身を乗り出しヤジるだけヤジって、せーせーしたから席に戻ると蟹江幹彦社長がさ、僕の席の前に仁王立ち(しかも無表情)で立ってんだよね。少し待ったけど全然どかないから席に座ると、頭を小突いてきて「お前がバカだから云々」とかネチネチ言ってきた。「いてえよ!やめろよ!」と言うと蟹江社長は僕の胸倉を摑んできた。

 

かっとなって蟹江社長の肩に乗り、「ああ?60前のジジイが!今まで何を学んできたんだ コラ!中村さん(パワハラの被害者)に謝れクソダヌキ!オメエはどこまで青林堂カゴメ早稲田大学(蟹江社長の出身大学)の面汚しするんだよ!オイ!」と言うと、振り落とされそうになって目が覚めた。

 

にまでしゃしゃり出てくるわ、精神疾患おこすレベルのパワハラやるわ、労働組合中傷するわ、ヘイト本出すわ、ガロの屋号を汚すわ、全国ニュースでパワハラ事件が報じられると左翼の仕業とかカルトな事をほざくわ、

何この人?それが青林堂代表取締役の蟹江幹彦社長です。

matome.naver.jp

蟹江幹彦 - Wikipedia

夜、因果者の夜/幻の名盤解放同盟

幻の名盤解放同盟 プロフィール

漫画家・根本敬(書記長)、音楽評論家・湯浅学(常務)、デザイナー・船橋英雄(社長)の3人が1982年に結成。以来、「すべての音盤はすべからくターンテーブル上(CDプレーヤー内)で平等に再生表現される権利を有するべし」をスローガンに、この世で最も地中に根を下ろしすぎた超俗エブリシング・オールライトな音盤たち(他)の探求に明け暮れること35年(2017年現在)。その活動――イイ顔とイイ歌を既存のあらゆる倫理/道徳、価値体系から解放する行為――が発端となり生じた社会現象が、90年代半ばに脚光を浴びたポンチャック・テクノの帝王・李博士の活躍や昨今の昭和歌謡ブームである事を知る人はおそらく少ない。曰く「平等に聴く耳を持て。音楽に貴賎はない。同情も同調もいらぬ」

歌うばかりが歌ではない、歌わぬ歌手の歌を聴け!

イイ顔とは何か? 合格とは何か?

幻の名盤解放同盟15年にわたる

因果者フィールド・ワークの成果がここに結実。

「夜、因果者の夜」

著者=幻の名盤解放同盟根本敬湯浅学船橋英雄)

幻の名盤やイイ顔、村崎百郎インタビュー、同盟の座談会、いつもの根本漫画(83~84年頃にガロに載った30頁の漫画)、蛭子能収平口広美マディ上原と行った香港の思い出、そして初出年があやふやなコラム等で構成されています。とにかくカオスで濃い、故に人を寄せ付けないパワーを秘めた幻の一冊。

f:id:kougasetumei:20170415004304j:plain

幻の名盤解放同盟の活動方針のひとつ「真理に時空は無縁なり」に照らし合わし、収録されている記事やコラムは加筆・訂正を加えず雑誌掲載時のまま収録されています。

表題となっている『ガロ』1993年10月号の特集「夜、因果者の夜」も掲載時のまま完全再録されており、電波系鬼畜ライターこと村崎百郎のインタビューも収録されてます。村崎百郎幻の名盤解放同盟の座談会より、個人的に気になった箇所があるのですが

根本敬「俺が心配してるのは、親の因果が隣の子に報うってアレ。俺のやった悪い事や因果が隣に行くんじゃないかって。うちに刃物を持った男がくるはずなのに隣に行っちゃうとか幻の名盤解放同盟『夜、因果者の夜』1997年、ペヨトル工房、153頁

これ村崎さんに本当に報いちゃいましたよね…

そして根本敬さんはある決意をします。

以下は『人生解毒波止場』文庫版解説(町山智浩)より転載

ゴミといえば、村崎百郎だ。

根本さんから「鬼畜のゴミ漁り」として紹介されたのは、

前から知り合いだった編集者・黒田一郎さんだった。

「今夜は朝までゴミ・ハントをコーチしますよ」

 深夜の早稲田、僕と根本さんは

村崎百郎のガイドで路上のゴミを見て回った。

といっても片っ端からゴミ袋を開けるわけじゃない。

「袋を見ただけで、だいたい中身はわかりますよ」

 村崎百郎の言葉は本当だった。

彼が「これだ」と言う袋にはお宝、

つまり日記やノートや写真が入っていた。

 明け方のファミレスでその戦果を確認しながら、

村崎百郎の鬼畜哲学をうかがった。

「僕は根本さんと一緒に、この日本を

下品のどん底に突き落としてやりたいんですよ!」

 その後、村崎百郎は「鬼畜系作家」として活躍することになる。

 

 そして2010年7月23日、

黒田一郎さんが自宅を訪ねて来た32歳の男に刺殺された。

犯人は統合失調症と判断され不起訴、精神病院に措置入院となった。

 

「あの後、練馬警察から電話があったんだよ」根本さんは言う。

「犯人は最初、俺んちに来たんだって」

 警察によると、犯人は根本さんの自宅の近くの

とあるアパートを根本さんの仕事場だと決めつけて訪れた。

だが、それは間違いで、根本さんはそのアパートを借りていなかった。

そこで犯人は黒田さんの自宅に向かったのだというのだ。

「本当は俺がやられるはずだったんだ」

 根本さんは決めた。そのアパートを借りることを。

「これは説明のしようのない衝動なんだ」

 それにしても、いつまた退院してくるかもしれない

犯人が知っている場所に自分から飛び込むなんて。

「うん。でも、この気持ちには一切曇りが無い。

それにこれは村崎さんへの自分にできるいちばんの供養だと思うんだ」

 でも、やるんだよ、と自ら因果鉄道のレールに横たわる人をいくら「無茶ですよ」と説得しても、天から「お前は黙ってろ!」と怒鳴られるだけだ。

彼の決意を聞いて、根本さんが「原理主義」なら

僕は「根本根本(こんぽん)主義」であり続けよう、そう思った。

 

「因果」 [名] 1 原因と結果。また、その関係。

2 仏語。前世や過去の悪業の報いとして

現在の不幸があるとする考え。「親の―が子に報い」

[形動]宿命的に不幸な状態におかれているさま。

不運なさま。「頼まれるといやと言えない―な性分」

4月13日の日記

4月なので通学路や学内には立派な桜の木が咲いている。自分は花見をした事ないし(普通の大学生はするかも)、今まで花を見ても何とも思わなかったが、思わず「きれーだなー」と言ってしまう。駅前には、精薄者が2名いらっしゃった。一人は俯きながら、ぶつぶつ意味不明な事を話し、もう一人は見開いたガンギマリの(薬中ないしキチガイの目としか形容不可能な)眼をして、こっちを見ていた。未だに彼の目が脳裏に焼き付いている。マイナンバーカードを申請するために必要な82円切手を、駅前のコンビニで買った……が、購入後5秒で切手を店内に落として、そのまま店を出てしまい、店員さんを大いに焦らせる。一昨日スマホの充電ケーブルが断線、保証期間内につき無償交換を業者に依頼してたが、そのためには宅配のドライバーに断線ケーブルを交換する必要があった。しかし先日家族と大喧嘩してたので、口頭では何も告知せず、その代わり玄関の靴箱に張り紙をし、テープでケーブルも貼り付けていた。しかし自分の不在時に業者が来てしまう。玄関だし家族は気付くだろと思ってたが、玄関の超目立つ場所にデカデカと貼ってたはずの張り紙の存在に”どこに目が付いていたのか”母は見事なまでに気づいておらず、交換に来たドライバーを大いに待たせることになる。結局父に電話し事なきを得たそうな。昨日夕飯食わずに寝たので食ってなかった昨日のカレー食べて、夜にパソコン立ち上げると勝手に更新プログラムがインストールされていた。そのせいかサインインできず挫けるが、某家電メーカー勤務の父がパスを変更してくれたので解決し「山田花子(漫画家)」のwikipediaを2時間かけ編集。編集時に点けていたNHKの人名バラエティ番組は偶然ながら「山田特集」だった。没後の経歴、音楽作品、参考文献、外部リンクを追加する。

近頃日記サボってたので4月13日の日記を書きました。

大阪市西成区萩之茶屋あいりん地区に行って二泊三日泊ってきました(1日目)

2016年9月1日から3日まで西成区あいりん地区に滞在してきました。

朝6時には大阪駅に到着。そこから環状線を経由して新今宮駅に7時ごろ到着しました。

 

まず環状線の電車に乗った時点で、なにやらファンキーでエネルギッシュなオッサンが車内で人前を憚らず超大声で下品な話をしていたり、チンピラ系ドカタみたいな目の据わった感じの人もフツーに居るので、もーこの時点で大阪の土着的な濃ゆい雰囲気が味わえます。

 

 「官能小説読んでんのか!よしこは イった!もういや ヤメテ!犯された若妻か!

お父サマ!そこだけは!こいつ ごッつボッキしよる!」

ちなみにオッサンの会話はこんなでした(笑)

 

来る前からカオスな雰囲気を味わいつつ新今宮駅に六時五十分頃に着きました。

f:id:kougasetumei:20160908002505j:plain

本当は9時に友人のゴトウ君と待ち合わせだったのですけど、なぜか「諸事情」とか言って丸1日遅れる(結局翌日の正午着)と連絡が入り、仕方なく一人で西成をぶらつく事にしました。

ちなみにゴトウ君は「諸事情」を墓場まで持っていくタイプなので結局遅れた理由は全然わからなかったです。

f:id:kougasetumei:20160907185021j:plain

新今宮駅を降りると、ドでかい職安所がコンニチワしてくれます。

あいりん地区の玄関口(トレードマーク?)として圧倒されるものがあります。

f:id:kougasetumei:20160907175947j:plain

f:id:kougasetumei:20160907193948j:plain

f:id:kougasetumei:20160907194953j:plain

f:id:kougasetumei:20160907194651j:plain

f:id:kougasetumei:20160907194753j:plain

もうこの時点でディープです(笑)

ここから萩之茶屋駅に向かいます。

f:id:kougasetumei:20160907185903j:plain

f:id:kougasetumei:20160907185826j:plain

壁一面のアートです。一体誰がどーやって何のために描いたのやら・・・

f:id:kougasetumei:20160907185226j:plain

壁一面のアートを見ているとすぐに南海・萩之茶屋駅に到着しました。

ディープでイイ味を出しています。ここがある意味最深部の駅では無いのでしょうか?

f:id:kougasetumei:20160907190400j:plain

駅前広告?でしょうか。どうやったらこんな濃い貼り紙になるんでしょうかねえ。

f:id:kougasetumei:20160907190757j:plain

駅前の交番はガードが堅いことでそこそこ有名ではないかと思われます。

f:id:kougasetumei:20160907225021j:plain

f:id:kougasetumei:20160912135514j:plain

f:id:kougasetumei:20160912135523j:plain

そしてさっそくこのへんをほっつき歩くことにしました。

7時頃から8時頃までに撮影した朝の徘徊動画は

とりあえずユ―チューブに上げてみました。

朝の西成区萩之茶屋 - YouTube(7時2分~)

朝の西成区萩之茶屋2 - YouTube(7時4分~)

朝の西成区萩之茶屋(あいりん地区)を歩く - YouTube(7時8分~)

西成区花園 朝の登校風景 - YouTube(8時10分~)

西成区花園付近 - YouTube

www.youtube.com

f:id:kougasetumei:20160907220501j:plain

ゲロに群がる平和の象徴・ハト

f:id:kougasetumei:20160907221038j:plain

パンの耳・・・

あいりんの人々は小動物を可愛がるのをよく見ますから、

きっと餌をあげちゃうんでしょうね。

のり弁とカップ酒を口でミックスして公園の鳩に向かって吐き出し「餌」っぽいのを与えていたオッサン通学路に普通に居てましたし。

あいりんの博愛精神や人情を強く感じます。

f:id:kougasetumei:20160907221637p:plain

(上の写真は何故か朝っぱらから一人でぬいぐるみを抱えて歩いていた人)

 

かつてあいりん地区には萩之茶屋小学校という学校がありましたが今は廃校となったので今あいりん地区にある学校は新今宮小・中学校のみとなります。

この高齢化が進んだこの地区で子供を見かける事は本当に稀ですし、

こういう場所の登下校の風景を一目見ようと学校の方向に向かいました。

f:id:kougasetumei:20160907224431j:plain

小さな子どもはスクールバスだったり家族同伴といった光景も垣間見えます。撮影当日は9月1日なので子供たちは始業式なのでしょうね(僕は大学生なので余り関係がない)。

f:id:kougasetumei:20160907225321j:plain

f:id:kougasetumei:20160907225419j:plain

f:id:kougasetumei:20160907230454j:plain

f:id:kougasetumei:20160907230641j:plain

f:id:kougasetumei:20160907231811j:plain

f:id:kougasetumei:20160910152514j:plain

f:id:kougasetumei:20160907232624j:plain

f:id:kougasetumei:20160907232751j:plain

f:id:kougasetumei:20160907233157j:plain

f:id:kougasetumei:20160907235322j:plain

f:id:kougasetumei:20160908003740j:plain

f:id:kougasetumei:20160908003802j:plain

f:id:kougasetumei:20160908003843j:plain

f:id:kougasetumei:20160908145424j:plain

f:id:kougasetumei:20160908160201j:plain

f:id:kougasetumei:20160907225610j:plain

f:id:kougasetumei:20160910152734j:plain

f:id:kougasetumei:20160907233226j:plain

なんかいー感じの風景だったので夢中になって撮っていました。

僕は転勤族だったのですが、この小学校で一から人生やり直してもいいかなーと思ったりして・・・

なんだか学校周辺は全体的に優しい雰囲気でした。

f:id:kougasetumei:20160909201335j:plain

f:id:kougasetumei:20160909200650j:plain

あいりん労働公共職業安定所前にあるスーパー玉出でジュースを買うと、国道26号をほっつき歩くことにしました。

f:id:kougasetumei:20160909200732j:plain

f:id:kougasetumei:20160909200914j:plain

f:id:kougasetumei:20160909203225j:plain

f:id:kougasetumei:20160909203235j:plain

f:id:kougasetumei:20160909201149j:plain

f:id:kougasetumei:20160909201300j:plain

f:id:kougasetumei:20160909205241j:plain

f:id:kougasetumei:20160909201848j:plain

f:id:kougasetumei:20160909210150j:plain

自動販売機の缶ジュースは一本50円が相場

この価格に慣れると、いつもの120円価格が割高に思えてきます(笑)

ローソン萩之茶屋一丁目店のトイレに向かうと

f:id:kougasetumei:20160909202519j:plain

コンビニのトイレには「注射器を流すな」の貼り紙

あいりん地区に造詣が深い人はご存じと思います。

f:id:kougasetumei:20160909203123j:plain

f:id:kougasetumei:20160909203131j:plain

豪快な路上生活者です。ビスコ缶が愛おしい。

f:id:kougasetumei:20160909203750j:plain

2016年になってもカルトな雰囲気を前面に押し出した大阪救霊会館です。

f:id:kougasetumei:20160909204228j:plain

f:id:kougasetumei:20160909204239j:plain

f:id:kougasetumei:20160909204253j:plain

f:id:kougasetumei:20160909204311j:plain

f:id:kougasetumei:20160909204318j:plain

f:id:kougasetumei:20160909204433j:plain

電波系の建物でも、これだけ堂々としてると逆に大丈夫そうな気さえしてきます。

f:id:kougasetumei:20160909210240j:plain新今宮駅前停留場(旧・南霞町停留所)

ウィキペディアには「1990年10月4日深夜 - 5日未明 - 駅周辺の釜ヶ崎暴動発生、そのあおりで駅舎放火され炎上し、焼失した」とあります。f:id:kougasetumei:20160909210835j:plain

f:id:kougasetumei:20160909211111j:plain

f:id:kougasetumei:20160909211202j:plain

f:id:kougasetumei:20160909211945j:plain

f:id:kougasetumei:20160909212638j:plain

f:id:kougasetumei:20160909212646j:plain

その後とりとめもなく西成の下町をgdgdと歩きまくります。

f:id:kougasetumei:20160909212050j:plain

f:id:kougasetumei:20160909212221j:plain

f:id:kougasetumei:20160909212317j:plain

f:id:kougasetumei:20160909212327j:plain

そのまま・・・!?

f:id:kougasetumei:20160909212758j:plain

f:id:kougasetumei:20160909212817j:plain

f:id:kougasetumei:20160909212808j:plain

f:id:kougasetumei:20160909212831j:plain

f:id:kougasetumei:20160909212837j:plain

f:id:kougasetumei:20160909212854j:plain

とりあえず汗かいたので太子にある入船温泉でまったりさせてもらいます。

f:id:kougasetumei:20160910125908j:plain

f:id:kougasetumei:20160909213053j:plain

大人440円ですが、このへんの風呂屋は大体この値段です。

立派な入れ墨が入った老人を眺め「入れ墨お断り」みたいなチンケな事を気にしない銭湯って西成と山谷以外にあるのだろーかとか思ったりしながら2時間ねばりました。

普通の風呂もあるし、水風呂あるし、うたせ湯あるし、ジャグジーバスあるし、語彙がアレですが文句のつけ所が無いです。

風呂上がりの牛乳(明治・130円)は格別。

ただ、風呂上がりは他の客の邪魔になるんでさっさと帰りましょう。

f:id:kougasetumei:20160910123429j:plain

f:id:kougasetumei:20160910123418j:plain

f:id:kougasetumei:20160910123415j:plain

f:id:kougasetumei:20160912130038j:plain

おそらく何かの宣伝マンなんでしょうが西成の町に違和感なく溶け込んでいます。

f:id:kougasetumei:20160910125526j:plain

f:id:kougasetumei:20160910125559j:plain

f:id:kougasetumei:20160910125641j:plain

f:id:kougasetumei:20160910125719j:plain

f:id:kougasetumei:20160910125727j:plain

f:id:kougasetumei:20160910125831j:plain

f:id:kougasetumei:20160910130001j:plain

f:id:kougasetumei:20160910135023j:plain

f:id:kougasetumei:20160910130352j:plain

f:id:kougasetumei:20160910130941j:plain

f:id:kougasetumei:20160910130018j:plain

f:id:kougasetumei:20160910131017j:plain

f:id:kougasetumei:20160910130032j:plain

なんとなく山王を歩きました。

これから先はひたすら画像が続きます。

「目で見て歩く」と云うだけありますし

西成の町にそんなに言葉や理屈は要らないと思ったからです。

f:id:kougasetumei:20160910151735j:plain

f:id:kougasetumei:20160910220858j:plain

f:id:kougasetumei:20160910220904j:plain

f:id:kougasetumei:20160910221237j:plain

f:id:kougasetumei:20160910221242j:plain

f:id:kougasetumei:20160910221000j:plain

f:id:kougasetumei:20160910221044j:plain

f:id:kougasetumei:20160910223514j:plain

f:id:kougasetumei:20160910225641j:plain

f:id:kougasetumei:20160910222930j:plain

f:id:kougasetumei:20160910222942j:plain

f:id:kougasetumei:20160910233815j:plain

f:id:kougasetumei:20160912135626j:plain

f:id:kougasetumei:20160910153658j:plain

f:id:kougasetumei:20160910151749j:plain

f:id:kougasetumei:20160910222809j:plain

f:id:kougasetumei:20160910152119j:plain

f:id:kougasetumei:20160910152353j:plain

f:id:kougasetumei:20160910191649j:plain

f:id:kougasetumei:20160910215156j:plain

f:id:kougasetumei:20160910154257j:plain

f:id:kougasetumei:20160910191532j:plain

f:id:kougasetumei:20160910191556j:plain

f:id:kougasetumei:20160910191549j:plain

f:id:kougasetumei:20160910214935j:plain

f:id:kougasetumei:20160910214701j:plain

f:id:kougasetumei:20160910232343j:plain

f:id:kougasetumei:20160910191605j:plain

f:id:kougasetumei:20160910191852j:plain

f:id:kougasetumei:20160910222524j:plain

f:id:kougasetumei:20160910203310j:plain

f:id:kougasetumei:20160910191613j:plain

f:id:kougasetumei:20160910215156j:plain

f:id:kougasetumei:20160910215516j:plain

f:id:kougasetumei:20160912144030j:plain

f:id:kougasetumei:20160910215250j:plain

f:id:kougasetumei:20160910220801j:plain

f:id:kougasetumei:20160910222142j:plain

f:id:kougasetumei:20160912131623j:plain

f:id:kougasetumei:20160910222243j:plain

f:id:kougasetumei:20160910222204j:plain

f:id:kougasetumei:20160912163424j:plain

f:id:kougasetumei:20160912163417j:plain

f:id:kougasetumei:20160910230226j:plain

f:id:kougasetumei:20160912143807j:plain

f:id:kougasetumei:20160910234857j:plain

f:id:kougasetumei:20160910235237j:plain

f:id:kougasetumei:20160910234938j:plain

f:id:kougasetumei:20160910234952j:plain

 

f:id:kougasetumei:20160912131537j:plain

f:id:kougasetumei:20160912140153j:plain

f:id:kougasetumei:20160912155113j:plain

f:id:kougasetumei:20160912155053j:plain

f:id:kougasetumei:20160912155058j:plain

f:id:kougasetumei:20160912153822j:plain

f:id:kougasetumei:20160912155535j:plain

f:id:kougasetumei:20160912134155j:plain

f:id:kougasetumei:20160912144433j:plain

f:id:kougasetumei:20160912145106j:plain

f:id:kougasetumei:20160912144428j:plain

f:id:kougasetumei:20160912144436j:plain

f:id:kougasetumei:20160912144441j:plain

f:id:kougasetumei:20160912144741j:plain

f:id:kougasetumei:20160912154436j:plain

f:id:kougasetumei:20160912144302j:plain

f:id:kougasetumei:20160912145836j:plain

f:id:kougasetumei:20160912153538j:plain

f:id:kougasetumei:20160912153533j:plain

f:id:kougasetumei:20160912140906j:plain

f:id:kougasetumei:20160912141351j:plain

f:id:kougasetumei:20160912153750j:plain

f:id:kougasetumei:20160912155808j:plain

f:id:kougasetumei:20160912155744j:plain

f:id:kougasetumei:20160912155931j:plain

f:id:kougasetumei:20160912140507j:plain

f:id:kougasetumei:20160912163253j:plain

f:id:kougasetumei:20160912161934j:plain

f:id:kougasetumei:20160912155727j:plain

f:id:kougasetumei:20160912141328j:plain

f:id:kougasetumei:20160912141502j:plain

これは婦警さんに難癖吹っ掛けてる訳ではなく頑張る婦警さんに清涼飲料水をあげようとしているだけです笑 DEEPな大阪人情を垣間見ました。

 

www.youtube.com

f:id:kougasetumei:20160912145620j:plain

f:id:kougasetumei:20160912160537j:plain

f:id:kougasetumei:20160912144142j:plain

f:id:kougasetumei:20160912141151j:plain

f:id:kougasetumei:20160912160622j:plain

f:id:kougasetumei:20160912140853j:plain

f:id:kougasetumei:20160912164659j:plain

f:id:kougasetumei:20160912140939j:plain

f:id:kougasetumei:20160912134208j:plain

f:id:kougasetumei:20160912134321j:plain

釜ヶ崎地域合同労働組合 釜ヶ崎炊き出しの会 釜ヶ崎結核患者の会 いながきひろし事務所

f:id:kougasetumei:20160912153345j:plain

f:id:kougasetumei:20160912134534j:plain

f:id:kougasetumei:20160912134713j:plain

f:id:kougasetumei:20160912135244j:plain

こうして1日目が終わったのです・・・

次の記事では泊った「ドヤ」を紹介したいと思います。