Underground Magazine Archives

雑誌周辺文化研究互助

Underground Magazine Archives

Underground Magazine Archives 管理人…〄虫塚"KERA"虫蔵〠 (@pareorogas) Here is not INTERNET!!! It's "OUTERNET" Ok?Ok?Ok? 逃げながら捨て台詞を残すだけの、役に立たない子供。 政治関係の記事はありません。 電脳ゴミ漁り。賞罰なし。カルトの怪人。 …

丸宝行晴「俊学晴峰信士(大里俊晴)のこと」大里俊晴追悼文集『役立たずの彼方に』から

俊学晴峰信士(大里俊晴)のこと 丸宝行晴 仏様への追悼なのですが、何をどう書こうか、迷いました。お父様はこれを読むだろうし、九十歳になっても矍鑠(かくしゃく)としてらっしゃるから、彼がフェンシング部だった新潟高校時代ほか、生前の仏様の数かず…

亀和田武「劇画アリス総括」『劇画アリス』通巻22号/アリス出版

総括 亀和田武 すでに幾つかの雑誌などで取り上げられたりもしたので承知の読者もいるかも知れないが───私の編集する『劇画アリス』は前号で終わった。本来ならば、前号のうちに、〈総括〉文書の呈示とまではいかなくとも、“編集長が変わります!”といったた…

檸檬社の倒産と三流劇画ブームの終焉(COMIC BOX 1982年11・12月合併号)

フロント・ニュース② 檸檬社の倒産と三流劇画ブームの終焉 北新宿Y男 「我々は三流エロ劇画界のあしたのジョーである」と宣言した『劇画アリス』、高取英が編集長をしていた『エロジェニカ』の二誌と共に『御三家』と呼ばれた『大快楽』の檸檬社が倒産してし…

ある漫画の帯「海外の2ちゃん的な掲示板で大人気」で4chanが祭り状態に

ある漫画の帯「海外の2ちゃん的な掲示板で大人気」で4chanが祭り状態に ある漫画の帯「海外の2ちゃん的な掲示板で大人気」で4chanが祭り状態に Anonymous 01/22/12(Sun)14:30 No.60228385私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 1巻 「叫びそうになった…

ひろゆきが語る「2ちゃんねる」という現象

「2ちゃんねる」の入口 「2ちゃんねる」という現象 インサイダー情報が集中する巨大掲示板群「2ちゃんねる」の現在と運営ポリシー ひろゆき 所載:インターネット協会(監修) 『インターネット白書2001』インプレス, 2001年7月1日, pp.204-205 「2ちゃんね…

インピオ序論

この4コマは、やまぐちみゆき『おふざけクミちゃん』(白夜書房/1989年)から転載した。作中からインピオに相当するジャンルがロリコンの一分野として認識されていたことや、インピオ的なカップリングを好む層が当時から少なかったことが伺える。 サブカル…

GON!独占大スクープ!!『少女アリス』や『Jam』等エロ本史にさん然と輝く伝説のエロ本を産み出した、あの伝説の自販機エロ本出版社「アリス出版」は実在していた!! あの伝説のカルトエロ本『Jam』や『少女アリス』を今でもバイブルにしているエロ本編集者は多いのだ!

今、20代後半から40代までの健全な男子ならアリスのエロ自販機本で必まず一回はせんずりかましたはずだ!! 女ができるまでの聖母のようなあのアリスが実は今も相変わらずエッチな本を出版していたのだ! 今でもマニアから珠玉の名雑誌と評価の高い『少女アリス…

死とエロティシズム―川上慶子ちゃんに捧げる。マスコミは何を考えているのか!

HB SPECIAL 死とエロティシズム 川上慶子ちゃんに捧げる。 文/永山薫 マスコミは何を考えているのか! 「涙の123便」でレコードデビューという噂も 焦点を結ばない眼差し 何もしないことのエロティシズム 聖別された者の帰還 事故から2・3日の間、人々は寄…

エロ劇画ルネッサンスの終結とニューウェーブの台頭―劇画が死滅する日(高取英)

エロ劇画ルネッサンスの終結とニューウェーブの台頭 高取英 所載:檸檬社『漫画大快楽』1981年9月号(通巻100号) 1 現在、エロ劇画(三流劇画)戦線は、300円劇画誌の定着、商業誌として売れゆき安定、創刊誌があいつぐという状況下にあるが、作品としては…

最初それ(=ロリコン漫画)は邪道を自覚した遊びのはずであったが!?(蛭児神建)

最初それは邪道を自覚した遊びのはずであったが!? 蛭児神建 所載『ロリコンKISS』(1986年4月/東京三世社) まず最初に、漫画同人誌界が有った。漫画家予備軍の素人衆がとにかく自分が描いた作品を他人に見てもらいたいと、自費出版した本を持ち寄って売り合…

【閲覧注意】2ちゃんねるの中で起きた怖い話大全集(永久保存版)

暇な時とかホラー好きな人にオススメなのがオカ板含む2ちゃん…!! みんな、暇潰しに読んでみてね。夜に読むこと推奨 ※注意事項※ 掲載されている情報には危険なものも含まれています。閲覧したり実践したりすることで発生する一切のことがらに責任を負いかねま…

蛭児神建『出家日記―ある「おたく」の生涯』解題(大塚英志)

特集・真説おたくの精神史──解題 大塚英志 今回から三号に亘って蛭児神建──というより、かつて蛭児神建と名乗ったことのある、今は僧籍にある彼の「自分史」を掲載する。 蛭児神建について説明するのは、ある意味、吾妻ひでおについて説明することよりも更に…

米沢嘉博が語る「やおい」の検証―少女は普通の恋をやめて、何故少年愛を愛するようになったか

所載『imago』1991年10月号「特集・現代マンガの心理学」 「やおい」の検証 少女は普通の恋をやめて、何故少年愛を愛するようになったか 米沢嘉博(批評集団「迷宮」同人/コミックマーケット準備会代表/漫画評論家) やおいの隆盛の意味 少年愛からやおい…

21世紀の音は幼稚園からやってくる。今や5才の幼稚園児(=天才少女ナオ)がアヴァンギャルド・ミュージックをやる時代だ!われわれは、どうしたらいいのだろう。(アリス出版『HEAVEN』創刊号から)

21世紀の音は幼稚園からやってくる。 今や5才の幼稚園児がアヴァンギャルド・ミュージックをやる時代だ!われわれは、どうしたらいいのだろう。 時代を先取るオカルト・ポップ 問題の生体実験レコード 天才少女ナオへの独占インタビュー ついに明るみに出る…

オタク・サブカル大放談「オタク最大のタブーに迫る オタクセックスとは?」(竹熊健太郎×岡田斗司夫)

竹熊健太郎×岡田斗司夫 オタク・サブカル大放談(4) オタク最大のタブーに追る オタクセックスとは? もてない、ロリコン、二次元コンプレックス……。 こと異性関係についてはオタクはあまりいいイメージがない。 彼らはセックスに何を求めているのか? 今まで…

夢日記ショートショートーすべてはもえるなつくさのむこうで

夢日記ショートショート集 すべてはもえるなつくさのむこうで はじめに「いつか夢で見たあの素晴らしい景色を求めて」 2014年2月8日「Twitterに最初に投稿した夢」 2015年6月21日「バカボン」 2015年7月14日「猫の女の子とロリコン教師」 2016年3月3日「自分…

青山正明「六年四組学級新聞」(ミニコミ誌『突然変異』2号所載)

六年四組学級新聞 青山正明 はじめに このエントリーは青山正明が慶大在学中に編集していたミニコミ誌『突然変異』創刊号(1981年4月15日発行/慶応大学ジャーナリズム研究会)に掲載された「ついに実現! 突然変異VSピチピチロリータ」の続きです。 この記事…

マンションで開業した同人漫画誌即売に押し寄せる中・高生のロリコン嗜好(1982年当時におけるロリコンブームの考察)

『アサヒ芸能』1982年6月3日号所載 貼り合わせ・書き起こしする時間がありませんでした。近々修正します。

「おたく文化」の祖、体験ギャグで復活 漫画「失踪日記」の吾妻ひでおさん

読売新聞 2005年3月30日付 東京夕刊 「おたく文化」の祖、体験ギャグで復活 漫画「失踪日記」の吾妻ひでおさん ギャグ漫画家・吾妻ひでおさん(55)が自らの失踪(しっそう)、ホームレス体験を赤裸々に描いた『失踪日記』(イースト・プレス)が話題だ。お…

吾妻ひでおの『夜の魚』に見る80年代の不毛と地続きの今

大塚英志『教養としての〈まんが・アニメ〉』では吾妻ひでおの『夜の魚』という短編について10頁ほど紙幅を割いて取り上げている。 この作品は「吾妻本人の無意識」が非常に顕著に出ており、おそらく吾妻本人も大塚の指摘で、この作品の真価を知ったのかもし…

成熟した女を愛せないロリコン・ボーイの世界からキミは本当に脱出しているか(1982年当時におけるロリコンブームの考察)

(左から少女、四谷永一郎、沖由佳雄、早坂未紀、蛭児神建) (大衆週刊誌におけるロリコンブーム特集に言及した米沢嘉博の記事) 下記の文章は雑誌『GORO』1982年3月11日号に掲載された「ロリコン」についてのルポです。1982年春というと少女写真集やコミケ…

幻の漫画雑誌『Peke』休刊のお知らせ(Peke 1979年2月号 編集後記)

幻の漫画雑誌『Peke』 1978年晩夏から1979年初頭まで半年間だけあった漫画誌『Peke』(みのり書房)。廃刊号では『COM』を大特集しながら自らも幻の雑誌となった。 全国のマンガファン諾君! とりわけペケに結集する戦斗的愛読者諸君!! 今や70年代を終わろう…

三流劇画ムーブメント・エロ劇画ルネッサンス・ニューウェーヴが残したもの(1982年時点から見たニューウェーブ漫画の黄昏)

月刊『宝島』臨時増刊号『マンガ宝島』JICC出版局 1982年2月 三流劇画ムーブメント・エロ劇画ルネッサンスが残したもの―『アリス』『エロジェニカ』『大快楽』はニューウェーブを起用した 北崎正人 『劇画アリス』『漫画エロジェニカ』が78年三流劇画ブーム…

米沢嘉博「ロリコンブームに物もうす──そりゃカワイイ女の子は好きさ。でも、ちょっと考えてくれ──ファッションとしてのロリコンなんて歪んでると思わないか」(月刊OUT 1982年4月号)

隆盛するロリコンブーム(二次元コンプレックス)に警鐘を鳴らす故・米沢嘉博の記事。最下段にそれまでの流れも概説。 ロリコンブームに物もうす by 米沢嘉博 みのり書房『月刊OUT』1982年4月号 美少女キャラはうれしいが 疑似体験を重くするなんて 社会や世…

米沢嘉博「同人誌エトセトラ」第1回「シベール神話の誕生」

米沢嘉博が阿島俊名義で『レモンピープル』創刊号(1982年2月号)から休刊号(1998年11月号)まで18年間にわたり計187回連載していた同人誌紹介記事。創刊当初の題は「ロリコン同人誌ピックアップ」。'82年12月号のリニューアルから「同人誌エトセトラ」に改…

「美少女」たちを主人公にしたロリコンブームは、いま同人マンガ誌の世界で大盛況だ。『レモンピープル」を筆頭に同人誌的な季・月刊誌、単行本が、かつての『ガロ』『COM』のような勢いなのだ。

「美少女」たちを主人公にしたロリコンブームは、いま同人マンガ誌の世界で大盛況だ。『レモンピープル』を筆頭に同人誌的な季・月刊誌、単行本が、かつての『ガロ』『COM』のような勢いなのだ。 米沢嘉博 所載『朝日ジャーナル』1984年5月14日号 二年ほど前…

亀和田武『劇画アリス』+高取英『漫画エロジェニカ』+川本耕次『官能劇画』+迷宮'78編集部「座談会:三流劇画バトルロイヤル」(プレイガイドジャーナル 1978年8月号 特集・ぼくたちのまんが その3 君は三流劇画を見たか 迷宮'78編集)

君は三流劇画を見たか 迷宮'78編集 所載:雑誌『プレイガイドジャーナル』1978年8月号「特集・ぼくたちのまんが その3 君は三流劇画を見たか 迷宮'78編集」 青年まんがという言葉がある。この言葉はそれまで少年まんがのワクの中でしか発揮されていなかった…

三流劇画ブームの頃/高取英(元『漫画エロジェニカ』編集長)

三バカ劇画ブーム 高取英(元『漫画エロジェニカ』編集長) 『漫画エロジェニカ』(海潮社)1978年11月号が発禁となってから20年の歳月が流れた。それを記念して何か書けとダーティ松本氏がいうのでこれを書く。 当時、『漫画エロジェニカ』は、『漫画大快楽…

ワンダーキッズ(高木秀隆)/フェアリーダスト(吉田尚剛)インタビュー「ロリータアニメの創り手たち」──アダルトアニメの黎明期

インタビュー「ロリータアニメの創り手たち」 構成・秋野宴 所載『ビデパル』1985年1月号 ワンダーキッズ フェアリーダスト またまたくりいむレモンが美少女アニメの世界へ……連れてってあ・げ・る アダルトアニメは今年(1984年)7月以来今月迄ヒットチャー…