Underground Magazine Archives

雑誌周辺文化研究互助

鬼畜たちの倫理観──死体写真を楽しみ、ドラッグ、幼児買春を嬉々として語る人たちの欲望の最終ラインとは?

若者のファッションや音楽において「渋谷系」というジャンルが席巻したように、若者カルチャー界で今、急速にその足場を固めつつあるのが「鬼畜系」だ。死体写真やフリークス写真に軽~いノリの文章*1を添え、ハードなスカトロなどの変態の世界を嬉々として笑い飛ばす。さらにドラッグやレイプ、幼児買春といった犯罪行為の情報も満載。このタブーなき欲望追求カルチャーは一体どこへ向かうのか?

①鬼と畜生

②残酷な行いをするもの。恩義を知らぬもの

「鬼畜」を広辞苑で引くとこんな解説が出ている。

ここ1年で「鬼畜系」なる新たなカルチャー・ジャンルが確立しつつあるが、ここで言う「鬼畜系」とは、広辞苑で言うところの②、すなわち、モラルや法にとらわれず、欲望に忠実になって、徹底的に下品で、残酷なものを楽しんじゃおうというスタンスだ。

まず死体写真ブームから発展した悪趣味本ブームの流れとモンド・カルチャーの脱力感が合流*2。そこに過激な企画モノAVの変態性が吸収され、さらにドラッグ、レイプ、幼児買春などの犯罪情報が合体した──

「鬼畜系」誕生のプロセスをごくごく簡単に言うと、こんな感じだろうか。

インターネットの大ブームにより、過激なアンダーグラウンド情報が容易に入手できるようになったのも、この流れを加速させた要因だろう。

「鬼畜系」の“取扱品目”の中には、大昔から「変態」と呼ばれるジャンルとして存在していたものも少なくない。スカトロやロリコンなどはまさしくそうだし、また、死写真やフリークス写真だって昔からあった。が、「鬼畜系」という言葉によって、それら“専門店”が集まって、「危ないもの、下品なものの明るく楽しい総合デパート」と化した。

以前ならマニア向けの専門店にひっそりと置かれていたはずの情報が、一般書店で堂々と平積みされるようになったのだ。「鬼畜系」はそれまで日本に蔓延していた、妙に気取った、表面的かつ潔癖症的な“トレンディ文化”に辟易していた人々の支持を得た。モラルも法も超えて、人間の醜悪な欲望をムキ出しにする試みは魅力的で、何より怖いもの見たさの好奇心を満足させてくれる。

しかしここにきて、その一部に「人が嫌悪感を抱きそうなものならなんでもアリ」*3といったノリが生まれ、「嫌悪感を与えること」が目的化してしまったようにすら見える。その結果、露悪趣味のみならず、「レイプ犯の嬉々とした手記」(本物かどうかは別問題)や「幼児買春の“レア情報”」などの、どうもついていけないものも入りはじめた。

こうした情報を発信する側は本当はどこまで鬼畜なのか?

また受け手はどうとらえているのか?

彼らの、道徳も法も飛び越えたところにあるであろう、“独自の倫理観”を探ってみることにした。(SPA!編集部)

 
SPA! 1996年12月11日号所収

f:id:kougasetumei:20180103234129j:plain

“[鬼畜]たちの倫理観”と題した鬼畜大特集。
ロリータ小説家の斉田石也、V&Rプランニング代表の安達かおる、『BUBKA』編集長・寺島知裕、KUKIの鬼畜レーベル餓鬼の山本雅弘特殊漫画家の根本敬らにコメントを求め、ショップ「バロック」周辺のお客さんに質問し、『FBI心理分析官』著者のロバート・K・レスラー、『すばらしき痴呆老人の世界』著者の直崎人士、横丁の性科学者こと松沢呉一らが鬼畜ブームに一言呈し、シメは青山正明村崎百郎の対談「鬼畜カルチャーの仕掛け人が語る欲望の行方」。
 
当時、両者とも東京大学駒場キャンパスで講義するほど注目を浴びており(岡田斗司夫氏のゼミ「国際おたく大学/おたく文化論」)、それの記念なのか東大前で撮影した写真が掲載されている。(この文章は以下のウェブサイトより転載された)

*1:それまで『夜想』などが死体特集を組むにしても、どこか素人にはわかりにくい学術的、フェチ的、専門的な解説がなされることが多かった(例外として1981年に創刊され、1985年に無事廃刊した白夜書房のスーパー変態マガジン『Billy』が掲載していた死体写真のキャプションはどれも最高にふざけていた。これに不満を感じた死体写真家の釣崎清隆は自身が海外で撮影してきた死体写真の解説を『TOO NEGATIVE』『世紀末倶楽部』などで真面目に行っている)。これに不満を持った『危ない1号』初代編集長の青山正明は同誌で「中学生にも分かるような文章」でドラッグやフリークスなどの記事を掲載する方針を取っていた。ちなみに青山は『世紀末倶楽部』(1996年9月)2号のインタビュー「ゲス、クズ、ダメ人間の現人神・『危ない1号』の編集長 青山正明氏に聞く!」で以下のように答えている。

せっかく面白いテーマを扱ってるのに、ペヨトル工房の本や『スタジオボイス』とか『スイッチ』って、言葉でも記述でもスカシちゃって、気取っちゃって、インテリっぽく書いちゃってるから読んでも面白くない。結局、読者に伝わって来ないから、おもしろそうだなって買った人でも全部は読まない。それじゃ意味がない。カルトムービーにしてもフリークスやゲイを扱った海外小説の紹介にしても、気取って紹介してたら面白さは伝わりにくい。面白い物を面白いよって伝えるためには、わかりやすい言葉で語らないといけないなっていうのは感じてましたね。

*2:扶桑社『SPA!』1995年9月20日号特集「最低・最悪 モンド・カルチャーの正体」参照。

*3:根本敬いうところの「悪い悪趣味」のこと。アスペクト編『村崎百郎の本』所載の根本敬インタビュー参照。